新築の一戸建ての値引きのコツ

新築の一戸建ての値引きのこつについて書いてみたいと思います。

一戸建ての新築を建てる上で一番最初に気になるのがお金の問題。

 

一体一戸建ての新築っていくらくらい必要なの?

 

一戸建ての新築の平均価格は場所にもよりますが、

大体2000万から上は5000万円必要になります。

 

建てる人の予算にもよりますが大体この金額の範囲内が相場です。

通常のサラリーマンだと3000万円から3500万円が妥当な金額ではないでしょうか?

 

これ以上高い新築となると支払いがきつくなるはずです。

 

それではこれから新築を建てたい、一戸建てを建てたいと考える人が最初にできる

値引き方法は複数のハウスメーカーから見積もりを取ることです。

自宅の近くのハウスメーカーでなくても見積もりはどこでもOKです。

 

箱(家)の価格はどのハウスメーカーでも概算で金額を出してくれるからです。

そして複数の見積もりを取った後に、近くのハウスメーカーへ行きます。

 

全く何も他社の見積もりを持たずに行くと、高いのか?安いのか?

それとも妥当な金額なのかが分からないからです。

まず家の見積もりをざっくりと出して、その後に詳細の話を詰めていくことです。