新築の一戸建ての値引きは見積もりを取った後

新築の一戸建ての値引きは見積もりを取った後に行います。

見積もりを取ったら他社の見積もりとどちらがいいのか?検討します。

この時に注意しなくてはいけないのが、ライバルメーカーに

他社の見積もりを見せないことです。

 

他社から複数の見積もりを取ることを相見積もりというのですが、

相見積もりは基本的にどの業者にも見せてはいけないのが暗黙のルールです。

 

理由は簡単で、ライバルの見積もりを見た営業マンはそれ以上に値引きをしてきます。

そうなれば値引きがメインとなって新築の品質を落とされる可能性があるからです。

 

大手のハウスメーカーならまだ信頼もできますが、

中小規模のハウスメーカーの場合、質を落としてでも契約をさせてしまえば・・・

 

という思考が働くからです。

 

営業担当者に全うに良い一戸建てを作ってもらいたいと考えるのであれば、

相見積もりは見せないようにしましょう。

見せない状態でどれだけ値引きをしてくれるのかが、

本来のハウスメーカーの値引きの実力だと言えるでしょう。

 

 

コメントを残す